目の動きで相手の状況や性格をキャッチせよ(視線行動)

目を閉じたり開いたりする「まばたき」には、意外に心理的な影響が出やすい。誰でも緊張するとまばたきが増えるものだが、しきりにパチパチやっていると、神経質、気が弱い、頼りないなどの印象を与えがちだ。

アメリカ大統領選挙のテレビ討論では、民主党と共和党の両候補のまばたきをカウントするのが恒例になっている。その数から当落を予測するのだ。1988年のテレビ討論では、現大統領の父親ブッシュが毎分平均67回、対立候補のデュカキスが平均75回だった。その記録のとおり、まばたきが少なかった父親ブッシュが当選した。

さらに興味深かったのは、討論中、ブッシュは人工中絶問題、デュカキスは増税問題に触れたところで、それぞれまばたきの回数が異常に増えたことだ。つまり、2人がこれらの問題にナーバスになっていたことがわかる。

思考中にはまばたきの数が減り、考えがまとまると回数が増えるという実験結果もある。会話中の相手か一瞬まばたきを止めた後にパチパチとはじめたら、その話題について真剣に考えていると理解してよいだろう。

まばたき以外にも「視線行動」と呼ばれる視線の動きでも相手の気持ちか読める。不安なときには視線か左右にキョロキョロと動きやすいものだが、頭の中で何かをめまぐるしく考えているときも同じような動きをする。会話中にキョロキョロする人は、話の中身よりも周囲の反応が気になっている可能性高い。

上目づかいの視線は、甘えたり頼ったりへつらったりなど、相手を上の立場とみなしていて受け身的だ。甘えん坊だったり卑屈な気持ちを抱いていたりする人に多く見られる。見下ろすような視線は、自分がリードしたいとか支配したいなど、能動的なものだ。

相手を下に見ていて、ひとりよがりで尊大な気持ちを持っている人に目立つ。目の動きだけでも相手の心理状態や性格がこんなにわかる。相手から目を離してなどいられないというものだ。

— posted by Mike at 01:38 pm