目を見開いて相手への関心をアピールしよう(瞳孔の条件反射)

「目は口ほどにものをいう」という言葉どおり、非言語コミュニケーションの中で目はもっとも訴求力の強いツールだ。「上目づかい」で甘えることから、「鬼のひと睨み」で相手を黙らせることまでできる。まさに「目力」といわれるだけのパワーを持っている。

また、容姿の点からいっても、目が大きな人はそれだけで魅力的に映る傾向がある。なかでも、「黒目がちの目」といわれるように、瞳の大きさはポイントになる。同じ女性の何枚かの写真を男性に見せ、好感度の高いものを選んでもらうという実験がある。好感度が高かったのは瞳を大きく写した写真だった。被験者は瞳の大きな表情に、感じのよさややさしそうな印象、明るい雰囲気を感じたという。

瞳、すなわち瞳孔は、暗い場所では大きく開き、明るい場所では小さく閉じて光量を調整する。暗いところにいるネコの目に光を当てるとキューッと瞳孔が縮む映像を見たことがある人も多いと思うか、人の目もそれと同じ働きをしている。これは「瞳孔の条件反射」と呼ばれるもので、その他、近くのものを見るときには小さくなり、驚いたときなどは大きくなることもわかっている。

アメリカの心理学者ヘスが行った実験では、女性に赤ちゃんを抱いた母親の写真を見せると瞳孔が平均25%大きくなり、男性には女性のヌード写真を見せると平均20%大きくなったという。目にしたものに興味を抱いたり、何かに熱中したりしたときも、瞳孔は大きくなるというわけだ。もし、あなたの目の前にいる人の瞳孔が大きくなっていれば、それはあなたへの興味や好意の証と考えてよいだろう。

いっぽうで、目は見ると同時に見られるものだから、あなたも自分の瞳を大きくすることで相手への関心の高さをアピールできる。女子高生や女子学生の間では携帯電話を斜め上にかざし、瞳を大きく見開いたポートレートを写すのが流行っているようだが、男性もここぞという出会いの場面では、「目力」を発揮してみてはどうだろう。

人は、相手や相手の話に興味がないとき、信用できないと感じているときは、瞳が小さくなり伏目がちになるものだ。相手の目をまっすぐ見つめ、不自然じゃない程度に瞳を見開いてみよう。それだけであなたの好感度は上がるはずだ。

— posted by Mike at 11:21 am